いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【江戸東京たてもの園】ポートレート ロケハン編 :: 2016/10/30(Sun)

お疲れ様です。

私のお気に入りの場所でもある、江戸東京たてもの園。
武蔵小金井駅からバスですぐにあります。
歩くには、少し遠いかな?

小金井公園の中にあり、小金井公園だけでも十分なポートレートが出来ると思います。

私の中では、非の打ち所のない場所だと思っています。

そんな中、今回は2回に分けてロケハン編とポートレート編で掲載させて頂きます。

【ロケハン】



柱から顔を出したり。



ブランコも、滑り台もあるので、公園らしさのある撮影は十分できます。




そして、有料ですがたいした金額ではないので気軽に入れる江戸東京たてもの園。
カメラの注意書きを頂きます。
やはり、三脚やレフ板は許可が必要です。
許可が下りるのか分かりませんが・・・。

土日の台風が来た日に行ったため、人が全然いませんでした。
でも、建物の中なので全然気にせず撮れます!




建物が沢山並んでおり、その中に入ることもできます。
もちろん、中には立ち入り禁止や、触らないで下さいと書かれている場所もあるので
マナーよく、散策しましょう。







特に、何も書かれていない場所は、座ったりもできます。
でも、大切に扱いましょう。
乱雑に扱うと、禁止区域が増えてしまうかと思います。



中々撮影の難しい電車も設置されているため、電車の中のポートレートも出来ます。
昔ながらの電車。
味がありますね!



洋館だけでなく、畳のある和室や、茅葺屋根のある建物もあります。



銭湯まで入れちゃいます!

建物に入るときは、スリッパに履き替えるので、靴は脱いだり履いたりがスムーズに出来るものが
お勧めだと思います。

事前に、モデルの方にお伝えしたほうが良いでしょう。

そんなわけで、次回、ポートレート写真を掲載させて頂きます。


  1. ポートレート
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

【浜離宮恩賜庭園】ポートレート :: 2016/10/30(Sun)

お疲れ様です。

浜離宮恩賜庭園は汐留駅からすぐにあります。

今回は、モデル様 まどか さんと一緒に、菜の花が咲く頃に訪れました。

【ロケハン:雨】











前ボケ、後ろボケを利用すると、非常に良い感じの写真が撮れるかと。
難点は、広角で撮ると、周りはビルなので写りこんでしまいます。

なので、モデルさんにしゃがんでもらったり、角度に注意して撮るのが良いかなと。

【ポートレート まどか さん】



前ボケを利用して黄色いフィルター代わりにしました。





モデルさんにベンチ等に座ってもらえると、リラックスしてもらえます。





浜離宮恩賜庭園は非常に広いので、以外に一周するのに時間が掛かります。
700枚カットを約3時間程で撮ったかと思います。



橋もあるので、手すりをつかった定番写真も。

以上、季節ごとに顔を変える浜離宮恩賜庭園でポートレートは如何でしょうか?
三脚、レフ版の使用は公園のルールを守って下さい。

終わったら築地散策も?
  1. ポートレート
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

【渋谷】【代々木公園】ポートレート :: 2016/10/30(Sun)

お疲れ様です。

そしてお久しぶりです。

ポートレートを始めて、ロケハン等に行くことが多くなり、自分でも各場所の雰囲気をどこかにまとめないと
そろそろ分からなくなってきてしまったので、ブログに貼り付けさせていただきます。

前回の記事の続きも書きたいところですが・・・。

今回は、モデル様:noa さん と一緒に渋谷スタートから代々木公園までぷらぷら歩きながらポートレートした際のまとめです。

【ロケハン:渋谷駅周辺】



こういう落書きも背景になるので、いいですね。
まさに渋谷らしさのある雰囲気かと。
壁に寄りかかってもらう等。



歩道橋の上。
イメージは歩道橋の上から下を見下ろすようなイメージ。



フェンスを使用した写真が多いので、定番写真として一枚は押さえておきたいところ。




渋谷駅から代々木公園まで軽く散策しながら公園まで行きました。
ベンチもあるし、木もあるし、広いのでポートレートにはもってこいかと思います。



ただし代々木公園は、三脚、レフ版等を使用した撮影等は、必ず公園の管理等に許可を頂く必要があります。
例え商業用でもない趣味だとしてもダメです。
三脚やレフ版は、その場所を独占してしまうため、他の方に迷惑が掛かります。
公園のルールを守れないと、マナーが悪いと言われ、撮影場所がドンドン狭まります。

【ポトレ渋谷~代々木公園】
モデル:noa さん













※写真をクリックするとフルサイズで観られます。
  1. ポートレート
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

【全国を巡る】東北から関東周辺まで :: 2016/05/11(Wed)

お疲れ様です!

今日は、夜勤のため昼間は家にいます。

さて、前回予告させて頂いた、いままで私が行ってきた場所と写真をペラペラと貼らせて頂きます。
※猫好きだからといって、宮城や広島を大めにしたりはしません(笑)

あと、自分のブログ初期の記事を読み返していて、写真の下手さったらありゃしないと思いました(笑)
2014年頃からは、普通ぐらい感じましたが、それ以前の写真が素人も素人。
ド素人級のセンスなさすぎ写真で、苦笑いしていました(笑)
そう思うと、5年?経った今と比べると、だいぶ成長したなと思いながら、また5年後には今の自分の
写真が笑えるぐらい上達していればな。と、思いました!

さて、話を本題に。
北から順番に攻めていきます。

【秋田県 2015年5月】









田沢湖ですね。
有名な乳頭温泉にも立ち寄りました!
去年のGWに休みを頂いて、秋田⇒岩手⇒宮城(田代島、網地島)というスケジュールで動きましたね。


【岩手県 2015年5月】








一度行ってみたかった、龍泉洞です。GWということもあって、大混雑で落ち着いて写真を撮れなかったのが残念でした。
でも、本当に綺麗でした!
そして、夜には有名なわんこそばを!
吐きそうになりがら、100杯食べました・・・
二度とやりたくないと思いました(笑)

【宮城県 2013年 3月頃】







3年前に初上陸したのですね。
何度も記事を書いているのですが、猫島で有名な田代島ですね。
田代島だけでなく、網地島の晴耕雨読さんでの料理は、最高に美味しいです!
料理が食べたいが故に、網地島へ行っているようなぐらいです。
くじらの刺身、あわびなどほっぺが落ちます。

そして、忘れてはいけない大震災です。
現在は、熊本の方も大震災ですが、時間が経つにつれてみんなの意識は薄れていきます。
まだまだ復興には遠いいのが現実です。

【福島県 2014年 10月頃】







これは、私が所属している写真サークルで行ったものです。
裏磐梯の紅葉をターゲットとして、五色沼へ足を運びました。
夜は、星を狙いました。

とても楽しい旅でした!一人じゃなく、複数で行く楽しさを改めて思いました。

【栃木県 2012年 4月頃】









栃木県は、新入社員の頃、研修で行っていました。
そこにカメラを持って行き、休みの際にぶらぶらと散策をしていました。
初めての社会人で、緊張していたなぁ(笑)

ちなみに、ベンチの写真は、旅ゴーというサイトで入選した写真です。
あと、紅葉と滝は日光へ足を踏み入れた時の写真です。
雨の日の日光東照宮は、本当に良かったです!

【茨城県 2013年 3月頃】







筑波山ですね!
この頃から登山を始めましたね。
理由は、30歳までに富士山と、屋久島攻略を考えていて、登山を始めたのがきっかけです。
筑波山、高低差は大したことないのですが、結構おおきな岩場とかがあって驚きました。
頂上からの景色はガスっていて微妙(笑)

【新潟県 2012年2月頃】

新潟県は、大学の友達とスキーをしに行ったのですが
スキーだったのでカメラをほとんど使用せず。

なので写真の掲載がありません。

ただ、いつか佐渡へ行きたいので、この枠を佐渡写真で埋められたらと思います!

【千葉県 2015年 7月頃】








こちらも、写真サークルで九十九里に行った写真です。
サークルメンバーが、古民家をもっており、そちらに皆で止まって
バーベーキューしたり、夜は花火大会を見に行ったりと。
私は昼間の自由時間、古民家の縁側で永遠と風を浴びながら寝ていました(笑)

【東京都 常時】







東京はしょっちゅう行くのでなんとも・・・。
しかしながら、奥多摩の写真を掲載。

これも東京なんです!
払沢の滝といって、冬場は凍結する、迫力のある滝ですね。

最後の写真は、川苔山という中級の山です。
ここを進むとみられる滝です!

奥多摩は、星もきれいですが、登山家にも有名な東京スポットです!

最近、都内で良いところを沢山みつけているので、今度都内SPみたいな記事で
ご紹介できたらと思います!

日暮里とか東京たてもの園とか色々と。

【埼玉県 2012年 10月頃】







川越です!
最近は、友達たちとも行ったのですが、人物が沢山映っているので過去に行った時のものを。
お菓子横丁や、雰囲気のある町が良いですよね!
川越で有名なラーメン屋は、頑者というラーメン屋です。
しかし、食べたことがない・・・。



さて、取りあえず第1回はこの程度にしておきます!

次回は神奈川からスタートしたいと思います!

では、また会える日まで(∩´∀`)∩ワーイ
  1. | trackback:0
  2. | 本文:0

【2016年】尾道の猫達 :: 2016/05/10(Tue)

お疲れ様です。

さて、尾道最終回となります。

その前に、次の記事をどうしようかなぁと考えていたら、日本各地をそこそこ回っているので、北から南まで今まで行った場所のハイライトを書こうかと思っています。

各県、写真3枚程度でガツガツと紹介を。

久しぶりに自分の過去の記事を読み返していたら、想い出が鮮明にどんどん蘇ってきます。
改めて、こうやって写真とブログをやっていて良かったなぁーって思いました(笑)

さて、尾道の方に戻ってきます!



尾道ならではの写真でもあると私は思っています。

何かって、坂と階段の町だからこそ、人間の視線と屋根が同じ視線になります。

そこに猫がいることによって、人間の視線と、屋根と猫の視線が重なりあるのが、まさに尾道かなと

私は思っています。

そんな屋根と猫の写真が、尾道らしくて私は好きです。



あと、この独特な階段で出会う猫の写真。





人間慣れしている猫ちゃん達だけではありません。

人間の視線から逃れて草むらに隠れている子たちもいます。

こんにちは、と挨拶をして、一枚撮らせて頂いて後にします。







やはり、この日は暑かったので、日陰にいる子が多いですね。

私も、尾道でこうやってごろぉーって横になって一日を過ごしたいです(笑)

以上で、尾道の猫写真はおしまいです。

あと、2日目の朝食場所(席から)撮った写真を一枚。↓


どうですか?
ガラス越しですが、この景色。

毎朝この景色を見ながら朝食だなんて、最高ですよね。

尾道水道は、本当に波が立たず、自然災害が少ない場所でもあります。

魅力的です。本当に。

猫の巡回が終わると、ちょっと小腹が空いたので。

私のお勧めはネコノテパン工場さんです。

↓食べログ【テコノテパン工場】
http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340302/34011138/

小さな小さなパン屋さんです。
千光寺へ向かう道の途中にあるので、坂と階段をある程度登って行かないとたどり着けません。

レジの前にパンが並んでおり、店内には人一人しか入れない狭さなので、お店の前には常に人が並んでいます。



ネコノテなのでしょうか?ねこが作ったように小さなパンが置かれています。

二口サイズなので、値段も安いです。


小さな子供も、外から店内の厨房を楽しそうに眺めています。



このお店も、空き家を利用していて、とても古い木造の小さな家の中で作っています。
それがまた・・・。

ちなみに、パンを全国配送しているはずです。
公式ホームページ↓
https://pan.catnote.co.jp/

もちろん、尾道で食べる焼き立てには叶いませんが、味も本当においしいんです!
本当に!
パンのバリエーションも週替わりであったりと、飽きません!

あぁーーー尾道に住みたい(笑)

さて、そんな美味しい美味しいネコノテパン工場さんのパンを片手に食べる場所を探します。

丁度いい広い階段があったので座ります。

上は、空き地なのか、人が通らないような階段に腰を下ろします。

そこからの景色がこちら。



どうでしょうか?
対岸の島々が見えつつ、尾道水道も目の前に広がっています。

最高の景色を見ながら、最高のおやつを食べます。

パン自体が非常に小さいので、種類を食べることが出来て、嬉しいです。
ちょっとした小腹を満たすにも、2個3個軽くぺろりと食べられます。

お腹を満たすと、千光寺の展望台まであがります。





何度ここにきて眺めても気持ちいです。



桜名選でもある尾道は、桜の季節、ここからの眺めも最高です。

夜も最高です。

最高だらけの尾道です。

尾道の魅力が伝わったでしょうか?(笑)

千光寺を堪能し、お昼ご飯に【旬彩】という創作懐石料理屋さんに行きました。
以前から気になっていたお店でもあります。
食べログの評価はイマイチですが、旬の、尾道の魚介を楽しめるので、嬉しいです。



私が食べたのは、海鮮丼。
1800円ぐらいだったかな?

ランチにしては高いです:(;゙゚'ω゚'):

ただ、今まで数ある海鮮丼は食べてきた私ですが、初めてネタが残るような丼に出会った気がします。
大体、ごはんの量が多くて、ネタがなくなってしまうような丼が多いですが

こちらの海鮮丼はネタの量が多く、ごはんがなくなります!
ご飯が少ないわけではありません!

おぉーなんという贅沢なバランス!と感心しながら、尾道の生たこを食べながら尾道の美味しいところを
食べ尽くした旅になったかと思います。

尾道で広島焼きを食べ
有名な尾道ラーメンを食べ
尾道で有名なワッフル屋で頂き
尾道で有名なアイス屋さんからさわに寄り
尾道で有名なネコノテパン工場さんで小腹を満たし
尾道の美味しい海鮮を頂くという。

今までにないくらい、尾道を美味しいところをギュっっと回った良い旅だったと思います。

さて、今回で尾道の記事を終わりたいと思います。

次回は全国ハイライト編をお楽しみいただけたらと思います。

では、また会える日まで(´∀`)ノシ


  1. 広島
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。