FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

鞆の浦~日本最古のバスに揺られ桜咲く季節に歩く~ :: 2015/04/27(Mon)

お疲れ様です!

今回から、場所は移動し、鞆の浦のご紹介です。

広島県の尾道から、フェリーで鞆の浦まで移動することが出来るので、時刻表を確認(便が少ないです)して

是非、フェリーで訪れてみてください!(私は、電車でしたが(ーー;))

Q,まずは、鞆の浦(とものうら)って?

A,広島県福山市鞆地区の沼隈半島南端にある港湾およびその周辺海域。
  沿岸部と沖の島々一帯は「鞆公園」として国の名勝および国立公園に指定されている

また、認知度としては

2008年公開された『崖の上のポニョ』で、宮崎駿監督が構想を練った地として有名になり、映画・テレビドラマ等、映像作品のロケが増えている。

※Wikipedia参考

最近ですと、「流星ワゴン」のロケ地ともなり、認知度は非常に高いかと思います。

そのため、実際に小さな港街に、沢山の観光客がいました。

少し、京都の伊根っぽい町並さはありました。ほんの少しです(笑)



福山駅から、バスで30分ほどで鞆の浦へ着きます。

そして、このバス。

なんと日本一古いバスだそうです。

福山駅から何便かバスが出ていますが、たまたま、私が乗り合わせたバスが、このバスでした。

このバスは勿論1台しかありません。

他のバスは、普通のバスです。

昭和33年式だそうで、バスの寿命は本来10年程度。

このバスも一度は捨てられ何十年。

全身錆びてしまい、草木がバスの内部を突き破り

ズタボロの状態だったそうです。

それを、修繕して、再び走らせているそうです。

バスに乗ると、元気なおじいさんガイドさんが、昔の写真を交えながら、色々と説明してくれます。

少しでも壊れてしまうと、修繕する部品が特注品なため、相当な金額が掛かるとのこと。

おそらく、そんな長くは走れないとは思います。

なので、是非、近々に一度乗ってみてはいかがでしょうか?

思いつきの鞆の浦訪問で、まさかの素敵な一期一会でした。(尾道で、宿泊した夜に、鞆の浦へ行くことを決断しました)



天候は、相変わらず残念ではありましたが、潮の香りと、ゆっくりと流れる時間に癒されます。

まず、前日に急遽、行くことを決意したものなので、全く下調べをしていなかったので

上手くご紹介出来ないかもしれませんので、あしからず。

一応、毎回、調べながら記事を書かせて頂いていますが(^_^;)



「福禅寺」という、少し丘になっている位置にある寺から撮りました。

現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立されたそうです。

入場料が掛かります。

ここからの景色が有名だそうで、更にこの構図が有名なようです。

フラッシュをたくことで、上の看板が入りますが、絞りすぎてしまい、ボケ気味ですね(^_^;)
でも、大事なのは風景の方なので!

曇空で残念ですが、写真右下側に、弁天堂が写っております。

さてさて、この書かれている文字。

「日東第一形勝」と書かれていますね。

これは、朝鮮より東で一番美しい景勝地という意味で、賞賛されたそうです。

※Wikipedia参考




天気が良かったら、島々がよりくっきり写ったんだろうなぁ・・・なんて思いながら、お昼を食べに行きます。



鞆の浦といえば、坂本龍馬ゆかりの地でもあります。

いろは丸事件で、有名な場所です。

そんなわけで、坂本龍馬談判の場所として知られる「御舟宿 いろは」さんへお邪魔させていただきました。

↓HP↓
http://www.vesta.dti.ne.jp/npo-tomo/iroha/index.html

宿泊もできます。

えーお昼時で、あちこち非常に混雑する中、ここは非常に空いていました(^_^;)

当店自慢の鯛いろは漬け御膳!ということで頂きました。

瀬戸内海の鯛を使った『いろはオリジナルの鯛漬け』
温かい中国山地世羅郡産の特製米を使った御飯にのせて頂くと美味
最後にお出汁をかけて鯛茶漬けに。

※HPより

御飯は、固めです。お茶漬けにするからでしょうね。

確かに、鯛は美味しかったです!鯛は!お茶漬けも良かったです!

あと、気になったのは、厨房から割と近い席だったのですが、のれんで隠された厨房からは

雑談がすごい聞こえて、非常に残念でした。

料理の提供時間も、非常に早く、作り置き?という印象です。

失敗した感はありましたが、坂本龍馬の談判した場所!ということで(笑)



そして、鞆の浦のシンボルでもある「常夜燈」を。

常夜燈といえば、以前、四国香川に行った際に、丸亀港で、金毘羅講燈篭(太助灯篭)に出会ったのを思い出しました。




沢山の観光客が写真を撮っていました。

うろうろと歩いていると、地図の看板に、神社があると。

神社好きな私は、歩く足を早めました。

沼名前神社(ぬなくまじんじゃ)という立派な神社です。

驚きまいた。

主祭神は、大綿津見命 (おおわたつみのみこと)



階段の幅が広く、人は少なく、一気に好きになってしまいました(笑)



神社の境内の中に、桜の木があったので撮影しました。

一瞬、青空が見えました。



この神社に、しばらく腰を下ろし、休憩しつつ桜を撮っていました。

散る瞬間って、どうやって撮るんでしょうか?

難しすぎです(^_^;)

せめて、空が晴れていれば・・・。

鞆の浦は、寺が多く、寺めぐりもオススメかと思います。



↑お寺にて。お茶、ご自由にだそうです。

さて、いかがだったでしょうか?

尾道、鞆の浦と桜の季節に歩いたわけですが

桜って、本当に短いですね。




混雑は間違いなしですが、町が、全く違う顔を見せてくれます!

では、長々すみませんでした。

また会える日まで(*´∀`*)ノシ
スポンサーサイト
  1. 広島
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<旅のご連絡【東北】 | top | 尾道の夜桜>>


comment

尾道〜〜

一気に尾道を読まさせていただきました。
桜満開の尾道、美しいですね。
そしてお写真、いつもながら素敵です。
心にグッときます。
何でかな?
ファインダー覗いている気持ちになります。
鞆の浦、私は昨年の桜の終わりの時期に行きました。
尾道を1日歩き、その日尾道のホテルに泊まり、翌日は尾道から福山に行き福山城を見て帰る予定でしたが、どうしても鞆の浦に、行きたくなって。時間的に難しいと、諦めていたのですが、夜中に飛び起きフェリーの時間を調べてフェリー移動を決めました。
結果的にはフェリーに乗れて良かったと思いました。そして鞆鉄バスで福山まで案外時短できたしホクホクでした。
旅ってイレギュラーな感じもいいなぁってその時思ったのです。
感性豊かな旅がしたいです。
思いつきも大事にしたい。
まにまにさんの旅はアクティブでいいですねー。
私の場合は。膝が事故の後遺症で痛む事があるので山登りがあまり出来ないのとやっぱり夜歩きが苦手なんで夜桜や夜景が羨ましくて( ^ω^ )
また素敵な写真見せてください。
GW明けに長崎→福岡に行ってきます。
  1. 2015/04/29(Wed) 21:15:01 |
  2. URL |
  3. みさと #-
  4. [ 編集 ]

みさと様

コメントありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ホントに、桜の咲く尾道は、また違った顔をみせてくれて、本当に楽しいです!
あと、オススメは年越し尾道は、本当に素晴らしいので、オススメです!除夜の鐘の音が、尾道全域に響き渡ります!

そんな、褒めすぎです(´Д`;)
みさとさんと自分の写真の相性が良くて、嬉しい限りです♪

私の計画と、そっくりですね!私も、急に鞆の浦でしからね(笑)
フェリー、あと5分早ければ乗船できたんですよ(ーー;)
でも、結果、珍しいバスに乗れたので、今度こそフェリーで行きたいです♪

イレギュラーが、まさに旅の醍醐味です!
ドキドキの不安と、ワクワクの期待感。
日常や、ツアーでは決して味わえない心のスパイスです(*´∀`*)

私は、まだ全然問題なく移動出来るのですが、両膝靭帯損傷や、背骨の骨を傷つけて腰を痛めやすいという懸念があります。
まだ20代ですが、ぎっくり腰を3度経験したりと。

将来、膝と腰の古傷が怖いので、もしかしたら今しか色々な場所に行けないかもしれない。

そんな想いが、私をアクティブにさせています。

今現在、アキレス腱を痛めていて、半年以上スポーツ、登山が出来ていないですが(ーー;)

長崎、福岡、未踏の地なので、羨ましいです!
良い旅をしてきてください♪

お気を付けて!

  1. 2015/05/05(Tue) 22:18:24 |
  2. URL |
  3. まにまに #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/647-a072472d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。