FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

尾道のと桜と猫と人と道と :: 2015/04/23(Thu)

お疲れ様です。

先ほど帰ってきて、お風呂に入って今に至ります。

最近、帰りが遅いので、パソコンを点けずに寝ることが多々・・・。

ご飯も、コンビニで買ったおむすびを食べながら歩く等・・・。

そんな、人間的に不健康な生活になってしまっております(´;ω;`)


さて、タイトル通り、尾道の【桜】 【猫】 【人】【【道】の4つをテーマにトロトロと書いていきます。

本来タイトルは、「尾道の桜と猫と人と」だったのですが、道の写真が紛れ込んでいたので無理やり(笑)

そして、眠たいので誤字脱字はいつものことだと思ってください。

そういうえば(再び話が脱線)友達が、今月中に尾道へ行く!ということで色々と情報を垂れ流しました!

非常に嬉しかったです!これでまた、尾道中毒者が増えますね。確実に。

【桜】


千光寺下の猫のたまり場でもあり、桜が綺麗に咲く公園からです。
Twitterの方で、「共楽園」という名前が正式名称だと教えていただきました。
※尾道を知っている人のみ理解出来る文章かと思いますm( __ __ )m

調べてみたところ、共楽園が現在の千光寺公園という名に改名されていますが、この猫たまり場のスポット的な呼び名ではなく敷地全体を千光寺公園というように解釈しております。

なので、猫たまりば公園単独の名前は、「ない」ということかと思います。

また、この千光寺公園は、2007年まで遊園地があったなんて、知りもしなかったです。

やはり時が流れ、景観も変わっていくのですね。

これからの尾道を、しっかりと見ていきたいです。



尾道といえば、造船所も見所ですね。
クレーンは、夜になるとライトアップします。

尾道の名物の一つでもありますね!(写真のクレーンはライトアップしません)



遊園地で使われていた遊具の物置かと思います。
前から、なんでこんな場所にこんな似合わない遊具が置かれているのだろうと
不思議に思っていましたが、遊園地(千光寺山グリーンランド)の遺産だったのですね。

錆びれた遊具の足元に、桜の花が色づけています。

【猫】


これも、千光寺下の猫たまり場からです。
いつもなら、猫のたまり場に沢山の猫たちが日向ぼっこしているのですが

花見をする人で溢れかえり、姿はなく・・・。

と、思ったら、人が歩いて行くには足場が悪い、公園の端にひっそりといました。

人に干渉されず、通り過ぎていく足音を耳にしながら、ウトウトとしていました。



ほかの場所には、人が来ても動じず、撫でられようが、撫でられまいが、ずっと静かに静置している子もいます。


かと思えば、自分の魅力を知っている猫は、全力で色気を使って人を呼び込む者もいます。

十人十色。
人も、猫も同じです。

【人】

尾道迷宮へ足を踏み入れると、なかなか目的地はたどり着けない。

子供心をくすぐる街です。

道も狭く、階段が多い。

これは、子供ぐらいの子が通りやすく、体力のある若い人に適しているような気がします(笑)

高齢者が、尾道迷宮へ足を踏み入れるのはオススメ出来ません。。。



曇空ということもあり、ハイキーすぎて、一瞬目が眩んでしまいます(笑)
失敗写真ですが、配分的にこれしかなかったので(笑)

絵的には、こういうシチュエーション好きなんですけどね・・・。

【道】

これは、千光寺へ行く途中の坂道にある「ネコノテパン工場」というパン屋さんの列です。

HP↓
https://pan.catnote.co.jp/

人がいなかったら、お店の中の写真とか色々撮らせていただけないか交渉するつもりでしたが
買ったパンを近くで食べて待ちながらも、列がなかなか途切れず・・・。

尾道でも有名なパン屋さんということと、お店がすっごい狭いので、常にこんな感じです。

ここからでも、尾道水道が見えるんですね!



こういうなんともない道すら、自分にとってワクワクしてしまいます。

道は繋がっている。

そんな言葉を運転していると聞くことが多いかと思います。

尾道の道は、行き止まりもたまにありますが、歩いていると、どこに出るんだ?

何があるんだ?

そんなワクワクが、尾道にはあります。



さて、次回は、尾道の夜桜をご紹介しつつ、鞆の浦の記事に入っていけたらと思います。

でわ、また会える日まで(*´∀`*)ノシ
スポンサーサイト
  1. 広島
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<尾道の夜桜 | top | 【桜100選】尾道の春>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/637-8d6c4949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。