FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

秋の京都ひとり旅【伏見稲荷大社】 :: 2015/01/28(Wed)




お疲れ様です。

そろそろ節分の季節ですが、私のブログはどうやら秋という取り残された季節をご紹介していきたいと思います。

毎年恒例の京都旅です。

そして毎年恒例の伏見稲荷大社です。


前回、伊根から大阪の友達の家に・・・という理由としまして、この伏見稲荷大社に行きたいがためです。

伏見稲荷大社の魅力は、早朝です。

薄暗い静かなうちに伏見稲荷の千本鳥居をくぐり、一周する。

神秘的な場所だということを身をもって感じることができます。

このことは、会社の3分スピーチで、観光スポットおすすめした際にも

早朝の伏見稲荷大社が良い!とスピーチしました(笑)

是非とも、早朝の日が登る前に伏見稲荷大社を一周歩いてみてください。

何も怖いものなんてありませんよ(笑)


で、伊根に宿泊してしまうと、この早朝伏見稲荷コースが回れません。

友達宅が、稲荷駅まで1時間ぐらいの場所に住んでいるので、伊根から友達の家に大移動し

1泊し、友達が寝ているうちに出て、始発電車に乗って伏見稲荷へ行くというスケジュールでした。

正直、まだ月が出ているぐらいの方が、ベストなんですけどね。

少しずつ明るくなってきて、紅葉が徐々に真っ赤に燃え出すあの感動。

本当に、鳥肌立ちます。



伏見稲荷大社は、外国人に人気の日本の観光スポット2014の1位にもなりました。



↑一眼レフを購入した頃にも、全く同じ構図で撮った記憶があります。
せっかくなので、撮りました。


伏見稲荷大社の魅力は、神秘的な雰囲気だけではありません。

紅葉も、もちろん綺麗ですが、猫も沢山います。






そして、中でも珍しいのは、三毛猫が沢山います。

なぜでしょうか。

本当に伏見稲荷大社は三毛猫が多く、本当はキツネが化けているんじゃないかな?

と、思うぐらいです。



今回は早朝と言っても、朝7:00ぐらいでした。

ちらほら人がいるのですが、猫の餌やりおばさんと遭遇し、猫が出てくる出てくる・・・。

こんなにもいるのか!?

というぐらい、出てきます。

どうやら、この餌やりおばさんは、毎朝7:00ぐらいに伏見稲荷大社を一周して、猫に餌をあげているようです。

私とほぼ並走する形で、おばさんの後ろには猫が猫が・・・。

ちなみに、上の写真は全部、餌やりおばさんが通り過ぎていったあとの猫たちの写真です。

何十匹いたか・・・。

そして、改めて伏見稲荷大社の猫社会にも、しっかりとした縄張りがあり、ここまでおばさんについて行くけど

これ以上先は違う縄張りだ。というような感じです。


また次の地区に入ると、そこの住民達がおばさんに寄ってくるわけです。

ちなみに、おばさん以外の人間には警戒心の強い猫だらけです。



このロウソクが、カラスによって、ボヤ騒ぎになったこともあります。

カラスが、ロウソクを咥えていたのを目撃した方がいるみたいです。


なぜか分かりませんが、この↓シーンに私は惹かれたみたいで、何枚も撮っていました。


ベンチ?に光が差し込んでいただけでしょうが・・・。

ごちゃごちゃしていますが、写真のど真ん中を木で分割しているのもなんか意味分からず面白いと思って
掲載してみました。

全然わけがわからない写真です(笑)

主役はどれ?って感じですね(笑)

ただ、朝の暗い加減が伝わるかな?と、思います。


次回も、まだ京都が続きます。

お昼に、泊めてもらった友達と合流して、更に観光します。


では、また会える日まで(*´∀`*)ノシ

【秋時雨の跡】

前日の雨で、落ちた紅葉が湿って、濃く、暗い色になっていました。
雨ではなく、もみじが降ったかのように、一面を覆い尽くしています。



スポンサーサイト
  1. 猫旅
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<京の道 歴史を歩く | top | 京都 伊根町 舟屋の町【秋の香りを巡る旅】>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/605-856e0dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。