FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

鎌倉紫陽花巡り【長谷寺】 :: 2014/06/24(Tue)

お疲れ様です。

表題の通り、網地島編はまた小休止致します。m( __ __ )m


最近、7月の手帳を開けると、土日のスケジュールが埋まっており、見ただけでストレスが溜まってしまいます。

外部からの影響でスケジュールが埋まっているので、自分で入れたくて入れた予定じゃないんですよね。

まぁ、そんな愚痴はともかく。

今日は、若手社員グローアップ研修ということで、久しぶりに全国から同期が集結しました。

3年目となれば、それぞれ愚痴もあり、それはそれで楽しいです。

何人もの同期が辞めてしまいましたが、残ったメンバーは、元気そうでなによりです。

同期という励みを胸に、これからも頑張っていきたいと思います。


さて、今回は小休止ということで梅雨らしく紫陽花を。

実は、会社の他部署の先輩がカメラをやっており、何処か撮りに行こうよという流れになって

今回、紫陽花撮影会を企画致しました。

神奈川で紫陽花といえば、箱根か鎌倉が頭に浮かびます。

過去の記事でも書かせていただいていますが、鎌倉は何度も行く程、近いので今回も鎌倉へ。




まず、土曜日の9時に長谷駅に集合しました。

調度紫陽花が見頃なので混むのを避けるために早め集合です。

真っ先に、紫陽花で有名な長谷寺へ行きます。

すーっと入ることができ、紫陽花の散策コースも待ち時間5分ほどで入れました。

あいにくの曇空なのが残念でした。

長谷寺から、紫陽花と海が見えるのですが、曇空でイマイチに・・・

でも、絶景には変わりありません。

たとえ、紫陽花が咲いていなくても、十分美しい景色です。



人が空いているといえども、列にはなっています。

とろとろと、列を進みながら紫陽花の間を歩いていきます。

長谷寺の特徴としては、階段に紫陽花が咲いているので上からのアングル、下からのアングルで撮ることが出来ます。

紫陽花と海という組み合わせや、上からや下から連なった紫陽花の写真などを撮れます。

が、今回PCに転送し忘れたのでごめんなさいm( __ __ )m

一般的に多い紫陽花写真は、横から紫陽花が連なる写真かと思います。(後半に掲載します。)



私たちがぐるっと一周した頃には、60分越え待ちの行列が出来ていました。

時間にして10時頃ですね。

ベストな時間は8時~9時頃が一番良いと思います。


余談ですが、長谷寺で、先輩に御朱印帳を見せると、興味を持って頂きました。

先輩も御朱印帳デビューを!(*´∀`*)

私も、鎌倉へ来て寺の御朱印を集めるようになりました。(神社は前から集めていました)



さて、長谷寺をあとにして、歩いて5分程度の場所に位置する「御霊神社」へ行きます。

御霊神社は、線路に面しており、紫陽花と線路、または紫陽花と江ノ電という組み合わせが撮れます。



本殿の裏に、紫陽花小路がありますので、そちらもよかったら歩いてみるのも良いかと思います。



↑清澄沢という種類です。紫陽花って、色々な種類があるんですね。
花びらの外周にピンク色の模様があるのが特徴みたいです。

線路沿いは、カメラを持った方で大賑わいです。



さて、次に向かったのは更に歩いて5分程の「成就院」です。

ここは、アジサイ参道があり、非常に美しい道です。

上からは、海も眺められ最高の景色が待ち受けています。



ここは、よくある紫陽花が連なる写真が撮れます。



ありきたりですが・・・。

ここも、非常に人が多いです。

「成就院」をあとにして、高徳院の大仏を見て、近くの蕎麦屋でお昼を食べます。

先輩、ご馳走になりましたm( __ __ )m

思っていたよりも時間があったので、歩いて鎌倉まで行きます。

歩いて20分程度でしょうか。

それでも、所々にマニアックなお店がありますので、楽しいかと思います。

鶴岡八幡宮へ行き、コーヒーを飲んで、同じ部署の先輩の誕生日プレゼントを購入して(夫婦箸)解散です。


で、その足で私のバドミントンクラブチームの子で、2年間タイで働いていた女の子が帰国するということで、歓迎会を。

一日中歩き回って、お酒にご飯を食べて充実した1日になりました。

翌日、朝からクラブチームの活動でした(笑)



梅雨でも、梅雨だからこそ見れる景色があります。

雨だから、梅雨が嫌いと言わずに、梅雨は梅雨で楽しんでいただけたらと思いました。

四季の美しさを、堪能して頂ければと思います。

では、次回は網地島編に戻ります。

また会える日まで(*´∀`*)ノシ
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:0
<<網地島【猫盛りだくさん編】 | top | 網地島上陸【晴耕雨読】>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/536-e8231a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。