FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

極色彩の秩父神社 :: 2014/04/24(Thu)

お疲れ様です。

まずはじめに、前回の記事に書いたゴールデンウィークのことですが・・・。

なんと、全て予約が取れて計画通りことが進みました!

初日は石巻駅周辺に一泊をし、翌日田代島へ渡り、テント泊をします。

観光課に連絡をとり、予約も無事とれました。

その次の日は網地島へ渡りさらに一泊します。

月曜日に帰宅するというGWをフルに活用したいと思います。


この旅に素敵な一期一会がありますよう、心から願っています。





さて、表題の件に移りましょう。


秩父神社は戦国時代の末期に焼失し、1592年に徳川家康が成瀬吉衛門に命じて再建したのが
現在の社殿です。

極彩色に彩られた数多の彫刻群に覆われた豪華な造りとなっており、埼玉県の重要文化財に指定されています。




秩父神社といえば、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に有名な祭礼の秩父夜祭です。




・つなぎ龍

その昔、夜な夜な近くの池に現れたために鎖でつなぎとめられたという伝説があります。




本当に色鮮やかでありながら、歴史を感じる、そんな社殿です。


・北辰の梟

体は南、頭は真北を向いて、思慮深く昼夜を問わずにご祭神をお守りしています。



・お元気三猿

日光東照宮では「見ざる・言わざる・聞かざる」とされる三猿も秩父神社では「よく見て・よく聞いて・よく話す」




彩もすごいですが、彫刻も非常に繊細で昔の方々の凄さを感じます。



御朱印を頂き秩父神社をあとにします。

ちなみに、この秩父神社で地図を落とし、スケジュール表も紛失という(笑)

現代にはスマホという便利なものがあるので大きな問題はありませんが、スマホよりも

紙ベースの地図の方が分かりやすいです。




次回で秩父編最後になります。

今はとにかく田代島を楽しみにしています。

でわ、また会える日まで(*´∀`*)ノシ

スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:2
<<秩父大橋~のんびりぶらり~ | top | 芝桜の丘【秩父】>>


comment

こんばんは♪

神社とか、以前はあまり興味が無かったのですが…
最近結構見るようになりました…。
歴史的なものは不得意でよくわからないのですが、静かな佇まいに魅力を感じます…
誰も居ないのも寂しいというが怖いのですが…2,3人、ていうくらいが丁度良くて好きだったりします(笑)
ま、大抵は大勢いるか一人も居ない…なんですが…( ´∀`)

石巻…田代島…しかもテント泊♪
素晴らしい\(^o^)/
実は夏に田代島に行こうとしています。
でも、さすがにテントは難しいので民宿かホテル?を探そうかとす…。
でも田代島泊だと沢山はないですょね…。
オススメがあれば教えてください(^∧^)
震災後の田代島は初なのでドキドキします。
GWの報告お待ちしています♪
  1. 2014/04/26(Sat) 02:03:16 |
  2. URL |
  3. みさと #-
  4. [ 編集 ]

〉みさと様

コメントのお返事、大変遅くなってしまい申し訳ありません(ーー;)

私も、歴史は本当に疎いのですが、明らかに非日常のその地は、聖域のごとく、心が落ち着くような雰囲気があります。

神社目的でなくても、ぶらり旅先で見つけた神社に立ち寄って、自分の好きな神社を見つけるのも良いかもしれませんね!


夏に田代島だなんて、最高のシーズンですね!
ホテルはないので、民宿かロッジになると思います。
私自身、海浜館という宿とマンガアイランドにしか宿泊していないのでなんとも言えませんが、海浜館は石巻の海の幸を頂けるのでお勧めです。
奇麗な所に寝泊りしたいというのならば、マンガアイランドになるかと思います。

あとは、マリンライフさんも結構お洒落な建物で、中も海浜館に比べたら綺麗めだと思います。

私は、海浜館のおばあちゃんが好きなので海浜館に泊まりたくなってしまいますが・・・(笑)

震災前の田代島を知らないので、震災後、どのように変わったのか分からないのが残念です。

ですが、これからの田代島を追いかけたいなって思っています。

少しでも田代島を多くの方に知って頂ければという想いで、これから記事を書かせて頂きます♪
  1. 2014/05/08(Thu) 00:35:28 |
  2. URL |
  3. まにまに #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/490-9e1f4af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。