FC2ブログ

いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

上野→浅草→スカイツリー :: 2013/09/29(Sun)

【世界の上野】





お疲れ様です。

また午後からの行動となってしまいました。

近場だと、気が抜けちゃうんですね・・・。

表題の通り、上野から旅を始めてこのコースは良いんじゃないか!?

美味しいとこ取りなんじゃないか!?

と思ったのでコースをご紹介します。


まず、旅の始まりでもある上野駅から上野公園をぶらりとしつつ縁結びの稲荷神社にでも寄るのはいかがですか?

上野は、色々な博物館、美術館があるので一日では足りないでしょう。

ざっと私が考えたコースを。

午前9:00上野スタート

公園ぶらり

上野動物園10:00~13:00
↓浅草行きバス100円で移動
・かっぱ橋をぶらり散策(食品サンプルや包丁など様々な調理器具が立ち並ぶ)14:00

浅草 大黒屋14:30←天ぷらで有名なお店。これは外せませんね。時間をずらしても並ぶかと。

浅草をぶらりと歩く。16:00
↓バス16:30
スカイツリーソラマチを堪能18:00

展望台へ登る

お食事20:00

解散

どうでしょう?
私はこういう計画を立てるのが大好きです(笑)

大体、遠出の旅の場合は全てタイムスケジュールを作成します。
それもかなりゆとりをもったスケジュールです。

ただ、そのゆとりもったスケジュールですら押した場合は結構焦ります(笑)
やばい!全部回れない!?みたいに。

私の場合、広く浅くという感じですね。

さて、写真をご紹介して行きましょう。

今回は上野編までです。



本社に異動になってから土日休みになってしまい、どこに行っても大混雑。
前の日、月休みは最高でした。

人ごみが嫌いなのもそうですが、本当に人が多いと思い通りに写真を撮るのは難しいですね。

ただ、本当にマナー悪いカメラ持った方が多くで嫌になってきます。

道を塞いでいたりなど、カメラがめちゃくちゃブラブラして危なかったりなど。

ため息がでますね。

カメラも車と一緒で前後左右をちゃんと確認してから撮影してもらいたいです。

最低限のマナーというか気配りをしてもらいたいですね。

フォトコンの雑誌にもこんなマナー違反がいたというページがありますが、本当に思い当たるものばかりです。



久しぶりというわけでもないですが、こんなに道が広かったのですね。

今日も上野は人でいっぱいです。

アメ横に足を踏み入れる気がしなかったです。

↓花園稲荷神社です。縁結びともう一つ神社があります。


そして、上野東照宮を目指します。



なんともまぁ、御朱印帳を忘れたのですっごい旅の始まりからテンションは低かったです。

まず、東照宮って?という方に簡単にご説明すると徳川家康を祀った神社といえばいいでしょうか。
あっちこっちにありますが、日光東照宮は良いですよ~

神社は、存在した偉人だったり、稲荷神社のように狐を祀っていたりと様々なものがあります。

現実に存在した人物のが神になるって、なんだかすごいことですよね。

つまり、人間は神になれる!(笑)

*私は宗教的なものはありません。純粋に神社や神話等が好きなだけでラフな感じです。



1616年、2月4日、お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。

国指定重要文化財です。


この石灯篭は

200基以上あり、ほとんどが現在の社殿の建築の年(1651年)に諸大名より奉納されたものです。
参道両脇に整然と並んでいる石灯籠は武士が神君をお守りしているようだと称えられています。
1632年に佐久間勝之より奉納された石灯籠は高さ6.8mとあまりにも大きいので「お化け灯籠」と呼ばれており、名古屋の熱田神宮の石灯籠、京都南禅寺の大石灯籠と合わせて日本三大石灯籠のひとつに数えられています。

だそうです。歴史の勉強も一緒に・・・。

そして↓は銅の灯篭です。



全48基。国指定重要文化財。寛永慶安年間に諸大名が奉納。
唐門両側6基は徳川御三家(紀伊・水戸・尾張)より寄進されたものです。
家康公の13回忌に藤堂高虎が奉納した1基が最も古く、形も南円堂形と特徴的です。




金箔をふんだんに使い、大変豪華であったことから「金色殿」とも呼ばれています。 当時は東叡山寛永寺の一部でしたが、戦後神仏分離令により寛永寺から独立しました。 その後、戦争や震災などの災厄に一度も倒れることなく、江戸の面影をそのまま現在に残す、貴重な文化財建造物です。

そんな歴史があると思うと、文化財建造物などを守っている方々は凄いと思います。

これからも何百年、何千年と残っていって欲しいと心から思います。

冒頭にもありますが、外国の方が多く、まさに世界の上野だと言っても過言ではないと思います。

控えるオリンピック。

日本の良さをもっと発信していきたいと思います。




さて、最後に余談なのですが。
上野のぶらり旅から帰ってきてからバドミントンに行きました。

そこには、タイの方がいらして、小さい頃からバドミントンをしているだけあって、フォームが綺麗!

そして異文化交流をしながら帰り道ずっとしゃべっていまいた。

そんな帰り道にみたのが・・・


あれ?飛行機かな?いや、でも飛行機にしては赤くて燃えているようだ・・・。

しかも、すごいスピード。

はやすぎでしょ・・・。

!?

炎をまとって、急にバラバラに散らばって粉々に燃え上がったのです。

そう、星屑!

流れ星と言われるものです。

驚きました。

5秒ほどずーーーーっと流れていたので、一瞬彗星かっ!とも思いました。

かなり地上近くまできていました。

落ちていたら隕石ですね・・・。

色々軽く調べてみましたが、特に今日の出来事で上がっていないので大したことないのでしょう。

しかし、感動しました。

宇宙からお贈り物。

うん、宇宙の存在を改めて感じさせた一日になりました。


いじょう!

次回は上野と浅草!

また会える日まで(*´∀`*)ノシ
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:0
<<下町江戸っ子浅草ぶらり | top | 鎌倉観光贅沢めぐり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toberutori.blog.fc2.com/tb.php/338-3c8c2121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。