いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【全国を巡る】東北から関東周辺まで :: 2016/05/11(Wed)

お疲れ様です!

今日は、夜勤のため昼間は家にいます。

さて、前回予告させて頂いた、いままで私が行ってきた場所と写真をペラペラと貼らせて頂きます。
※猫好きだからといって、宮城や広島を大めにしたりはしません(笑)

あと、自分のブログ初期の記事を読み返していて、写真の下手さったらありゃしないと思いました(笑)
2014年頃からは、普通ぐらい感じましたが、それ以前の写真が素人も素人。
ド素人級のセンスなさすぎ写真で、苦笑いしていました(笑)
そう思うと、5年?経った今と比べると、だいぶ成長したなと思いながら、また5年後には今の自分の
写真が笑えるぐらい上達していればな。と、思いました!

さて、話を本題に。
北から順番に攻めていきます。

【秋田県 2015年5月】









田沢湖ですね。
有名な乳頭温泉にも立ち寄りました!
去年のGWに休みを頂いて、秋田⇒岩手⇒宮城(田代島、網地島)というスケジュールで動きましたね。


【岩手県 2015年5月】








一度行ってみたかった、龍泉洞です。GWということもあって、大混雑で落ち着いて写真を撮れなかったのが残念でした。
でも、本当に綺麗でした!
そして、夜には有名なわんこそばを!
吐きそうになりがら、100杯食べました・・・
二度とやりたくないと思いました(笑)

【宮城県 2013年 3月頃】







3年前に初上陸したのですね。
何度も記事を書いているのですが、猫島で有名な田代島ですね。
田代島だけでなく、網地島の晴耕雨読さんでの料理は、最高に美味しいです!
料理が食べたいが故に、網地島へ行っているようなぐらいです。
くじらの刺身、あわびなどほっぺが落ちます。

そして、忘れてはいけない大震災です。
現在は、熊本の方も大震災ですが、時間が経つにつれてみんなの意識は薄れていきます。
まだまだ復興には遠いいのが現実です。

【福島県 2014年 10月頃】







これは、私が所属している写真サークルで行ったものです。
裏磐梯の紅葉をターゲットとして、五色沼へ足を運びました。
夜は、星を狙いました。

とても楽しい旅でした!一人じゃなく、複数で行く楽しさを改めて思いました。

【栃木県 2012年 4月頃】









栃木県は、新入社員の頃、研修で行っていました。
そこにカメラを持って行き、休みの際にぶらぶらと散策をしていました。
初めての社会人で、緊張していたなぁ(笑)

ちなみに、ベンチの写真は、旅ゴーというサイトで入選した写真です。
あと、紅葉と滝は日光へ足を踏み入れた時の写真です。
雨の日の日光東照宮は、本当に良かったです!

【茨城県 2013年 3月頃】







筑波山ですね!
この頃から登山を始めましたね。
理由は、30歳までに富士山と、屋久島攻略を考えていて、登山を始めたのがきっかけです。
筑波山、高低差は大したことないのですが、結構おおきな岩場とかがあって驚きました。
頂上からの景色はガスっていて微妙(笑)

【新潟県 2012年2月頃】

新潟県は、大学の友達とスキーをしに行ったのですが
スキーだったのでカメラをほとんど使用せず。

なので写真の掲載がありません。

ただ、いつか佐渡へ行きたいので、この枠を佐渡写真で埋められたらと思います!

【千葉県 2015年 7月頃】








こちらも、写真サークルで九十九里に行った写真です。
サークルメンバーが、古民家をもっており、そちらに皆で止まって
バーベーキューしたり、夜は花火大会を見に行ったりと。
私は昼間の自由時間、古民家の縁側で永遠と風を浴びながら寝ていました(笑)

【東京都 常時】







東京はしょっちゅう行くのでなんとも・・・。
しかしながら、奥多摩の写真を掲載。

これも東京なんです!
払沢の滝といって、冬場は凍結する、迫力のある滝ですね。

最後の写真は、川苔山という中級の山です。
ここを進むとみられる滝です!

奥多摩は、星もきれいですが、登山家にも有名な東京スポットです!

最近、都内で良いところを沢山みつけているので、今度都内SPみたいな記事で
ご紹介できたらと思います!

日暮里とか東京たてもの園とか色々と。

【埼玉県 2012年 10月頃】







川越です!
最近は、友達たちとも行ったのですが、人物が沢山映っているので過去に行った時のものを。
お菓子横丁や、雰囲気のある町が良いですよね!
川越で有名なラーメン屋は、頑者というラーメン屋です。
しかし、食べたことがない・・・。



さて、取りあえず第1回はこの程度にしておきます!

次回は神奈川からスタートしたいと思います!

では、また会える日まで(∩´∀`)∩ワーイ
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:0

【2016年】新年のご挨拶とハイライト :: 2016/01/14(Thu)

新年あけましておめでとうございます。

そして、非常にご無沙汰しております。

こうやって、キーボードを打つのも半年ぶりでしょうか?

仕事が不規則な生活になり、更新が止まってしまい、そのままずるずると来てしまいました。
あらためて、このように文章を書くのに、新鮮さとブランクを非常に感じます。

さてさて。

本当にご無沙汰で、半年の間、何をしていたかと言いますと・・・

仕事→夜勤や早朝で出勤するという不規則な生活。休日は家に引きこもりがちになる。
身体→年末にノロウイルスにかかる。
写真→相変わらずカメラを離さずぶらりぶらり。友達や、会社の先輩と写真を撮りにいく仲間も徐々に増える。
猫→2匹の野良猫を保護して、無事里親をみつけられる。

といった感じでしょうか?

お盆休みには、島根→鳥取→兵庫とぶらり旅をしました。
目的は、出雲大社、鳥取砂丘、竹田城をターゲットとしました。

この旅は猫旅ではなかったのですが、行ってみたい場所を、思う存分堪能し、美味しい現地の料理も
味わうことができ、非常に思い出に残る旅でした。

そんな半年の間、ここでは語りきれないことが多くありますが、写真を数枚ペタペタと
貼っていきます。



やはり、一発目は「しゅうちゃん」から。
つい先日撮った撮れたての鮮度が良い写真です。

もう15歳オーバーの野良猫ですが、相変わらず甘ったれで、可愛いッたらありゃしないです。
仕事で夜中に帰って来るとき、しゅうちゃんにお出迎えされた瞬間に疲れが吹っ飛びます。

猫と生活すると、猫も人間も長生きすると言われますが、本当にその通りだと思います。

長生きの秘訣は、「心」なのかもしれませんね。

ここからは、旅写真をぺらぺら。記念撮影レベルのものが多々ありますが、わかりやすい写真を選ばせて頂きました。

出雲大社です。
想像よりも、地味な場所でした(笑)
ただ、近くで食べた有名な出雲そば屋さんが、美味しくておいしくて。
1時間以上待ったかいがありました。
あご でとったそばつゆが、忘れられません!


鳥取砂丘です。
一番きつい急な坂を上っていきました(笑)
大回りすれば、ゆるやかに登れるのですが・・・。

頂上までいくと、目の前には広大な海が広がって、疲れが吹っ飛びます。

夏に行く鳥取砂丘はお勧めです!
近くに、砂の美術館もあります。 ラクダも乗れます!

出来れば、鳥取砂丘から夕日の写真を撮ってみたかったです。
それは、また次の機会に・・・。



そして、鳥取駅周辺に宿泊したのですが、ちょうどお祭りをしていました。
「しゃんしゃん祭り」
といって、約4000人もの方が鈴をつけた色鮮やかな傘を持って、踊りながら行進します。
鈴が、しゃんしゃんと鳴ることからしゃんしゃん祭りという名になったそうです。

偶然に出会ったこの祭り、非常にいい思い出になりました。
なかなか癖になる音楽で、衣装も、傘も、写真を撮る方はうずうずが溜まらない被写体かと思いました。



食事は、周辺の食べログランキング上位を選んだりと、かなり食事は良いところを選びました。
お金は惜しまず、ガンガンと(笑)

美味しいものを作るには、美味しいものを食べなければ。

そういう信条で開発業を行っていますので。。。



竹田城です。
下から、上まで約30分程度の軽いハイキングです。
主に、コンクリートで舗装された道をのろのろ歩く感じですので、ハイキング程度で。
しかし、コースがいくつかありまして、急がば回れと思ってください。

一番距離と時間が短いであろうコースは、軽い登山です。

足場は良いですが、階段続きですので、慎重にコースを選んでください。

流石に、あの有名な朝もやの竹田城は無理でしたが、それを狙わずとも頂上からの景色と
遺跡感ある雰囲気は良かったです。

有名になる前に、一度訪れておけば良かったと思いました・・・。



さて、ここからは一気にワープしてつい最近の写真です。

年末に、会社の先輩と築地に行きました。
お寿司をおごっていただき、頭があがりません・・・。





そして、年明けは小学校時代の友達と7年ぶりぐらいに会い、一緒に江の島へ行きました。
三連休の真ん中ということもあり、非常に混雑しており、猫を撮る余裕も、展望台へ上る余裕も、一番奥の
洞窟にいく余裕もなく:(;゙゚'ω゚'):

でも、本当に江の島は何度行っても飽きないです。
あそこから見える夕日は、本当に絵になります。





さて、凄い駆け足で2015年と今年初めまでをハイライトでお送りしました。

本当は、猫カフェへ3回ほど行ったり、猫写真家さんの講義に出てみたり、野良猫2匹の写真もあったり。
先輩の結婚式の2次会のカメラマンやったり、先輩の前撮りをしたり、大学時代の部活の写真を撮ったりと
なんだかんだ人を撮ることも増えてきたりしています。

人を撮るときは、相手に喜んでもらえるのが嬉しくて
猫を撮るのは、野良猫のことをもっと多くの方に知ってもらいたくて
景色も同じで、日本の素晴らしいところを一人でも多く知ってもらいたくて

そんな意識をして2016年も駆け抜けていきたいと思います!

今年は、沖縄と長崎には最低限行きたいと思っております。
沖縄は、猫目的。
長崎は町並み目的。

今年も一期一会な出会いと旅をしていきます!

ブログの更新も頑張りますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

  1. | trackback:0
  2. | 本文:2

旅のご連絡【東北】 :: 2015/05/02(Sat)


お疲れ様です。

今回は、写真なしです。

そして、コメントのお返事は、旅から帰ってきてから、ゆっくりと返させて頂きますm( __ __ )m


今回は、急遽2日間お休みを頂けたの、一人旅計画を急ピッチで立てました。

初日:秋田の乳頭温泉と、田沢湖を訪れます。

夕方に盛岡まで移動し、盛岡で1泊。

翌朝、盛岡駅から出ている高速バスに乗車して、龍泉洞を目指します。

夕方に、盛岡まで高速バスを利用して戻り、そのまま宮城県石巻まで移動し

石巻で1泊します。

翌朝、フェリーに乗船して田代島を散策後、更にフェリーに乗船し網地島へ渡します。

去年もお世話になった「晴耕雨読」様に宿泊予定です。

ただ、晴耕雨読さんなのですが、宿泊客が、私しかいないため

あの豪華が魚料理を振る舞えないとのこと・・・。

非常に残念ですが、個人的に網地島の魅力をもっと発信したいがため、網地島の猫達にも会ってきます。

なかなか移動時間が長く、ハードスケジュールですが、気をつけて行ってきます。

でわ、また会える日まで(*´∀`*)ノシ






















  1. | trackback:0
  2. | 本文:0

京都 伊根町 舟屋の町【秋の香りを巡る旅】 :: 2015/01/16(Fri)


お疲れ様です。

早く帰れても、疲れて仮眠してしまい、気がついたら0時を回っているなんてこともしばしばです。

なので、このブログ更新の時間は、非常に遅い時間なのと、眠い状態で脳が低速回転しているため

酷い文章が多々あるかと思いますが、ご了承ください。


さて、毎年恒例の京都旅です。

清水寺?金閣?銀閣?嵐山?

その当たりから離れて京都をもっと幅広く味わいたいというコンセプトです。


始発電車に乗って、新横浜から新幹線で京都まで向かいます。

大体、15000円ぐらいの2時間程度で到着です。

本当に近いですよね。

何度も書いておりますが、大学まで1時間半を4年間通った身として、2時間で京都というのが信じがたいのです。

しかしながら、今回の京都は遠いいです。

伊根町とは、日本海に面している場所であり、丹後半島の北東に位置します。

重要伝統的建造物群保存地区に選定しており、舟屋が有名です。

昔は、他の大陸からの交流が非常に多く、京の都の交易ルートとして活躍していた地です。

現在は、漁業、観光が主です。

この地は、浦島太郎伝説の場所でもあります。

以外に知らない方が多いこの伊根町を

「おっ?京都にこんな場所があるんだ!」

と覚えて頂ければ幸甚です。




さて、ルートに戻りますが

新横浜→京都→福知山駅まで行きます。京都から福知山駅までは1時間20分ほど掛かります。

福知山駅→宮津駅(北近畿タンゴ鉄道)というお洒落な観光電車のようなものに乗車します。

福知山から宮津までは1時間程度です。

宮津駅からさらにバスに乗って伊根へ向かいます。バスも1時間程度乗ります。

合計すると、新横浜から5時間20分かけて伊根町まで移動します。

乗り換えも多いのでなかなかしんどいです。

ただ、宮津からのバスは海沿いを走るので、眺めが最高です。



こういう景色が、癒してくれます。

そして、旅しているんだなという実感も湧いてきます。


天気が怪しい中、伊根へ到着しました。

観光客が、全然いない・・・。


確かにアクセス面と紅葉が奇麗なわけでもなく、なかなか渋い場所ではあるなと感じました。



個人的には、静かな場所が大好きですので、大満足です。

途中、中国人の親子に声をかけられ(※私を知っている方、やっぱりとか思わないでください)、写真を撮ってあげました。

持っていたのは一眼レフのニコンでした。

フルオートの設定で、シャッター押すだけでしたが、描写が綺麗だ・・・

いいなぁ・・・なんて思いながら今度は、君を撮ってあげると言ってきたので

お言葉に甘えて撮ってもらうことに。

そこでうっかり。

全部マニュアルなので、ピンボケやらなんやらで(笑)

でも、ありがたかったです。


ぐるっと町並を歩くには結構な距離があるため、普通レンタサイクルか自動車移動です。

しかし、私は歩きます。

そこでまた発見したのが神社。



誰もいない、足元が少し荒れた感じの静かな神社です。

こういう神社が一番好きです。

階段の上にあって、登りきらないと神社ということが分かりません。

なので、車移動の方は、特に気がつかないでしょう。

参拝して、あとにします。

すると、自転車に乗った中国人の息子さんが反対側からやってきました。

私の母親みませんでしたか?

という。どうやらはぐれてしまったようだ。

私はみていないと言うと、困った顔をして自転車で去っていきました。

結局どうなったのか分からず、心配ですね。

さて、伊根町の街並みはこんな感じです。



一階が舟のガレージになっており、二階が私生活をするスペースです。

おそらく、空家もいくつかあると思いますが、生活間感は、溢れていました。

海と面しているだけあって、津波等の心配はどうなのでしょうか?

なかなか非日常の景色に、しっかりと記憶に刻まれます。



観光客が少なく、静かなこの風景を、一人ゆっくりと堪能することが出来ました。

道の駅舟屋の里 伊根

です。お土産から、レストランまであり、ここには結構な観光客がいました。

町並を歩いていると全然出くわさないのですが・・・。

このシーズンは「ぶりしゃぶ」です。

レストランで、分厚いぶりをしゃぶしゃぶして、ぶりぶりした歯ごたえにほっぺを落としそうになります。

やはり、漁業が盛んな場所の魚は美味しいです。


この道の駅から、伊根の舟屋が見渡せます。



分厚い雲から、たまに陽の光が差し込みます。


さて、伊根編はこのあたりで終了です。

非常に宿が多い場所ですので、宿泊をしてゆっくりした時間を過ごすのも良いかと思います。

私は、今回、伊根を堪能した足で、大阪の友達の家まで大移動です。

伊根で宿泊するのではなく、さらに時間をかけて大阪まで。

その理由は、次回わかるかと思います。

どうしても、伊根に泊まれないこだわりが私にはあったのです。

では、また会える日まで(*´∀`*)ノシ
  1. | trackback:0
  2. | 本文:0

福島県 裏磐梯【紅葉を求めて】写真サークル :: 2014/11/17(Mon)

お久しぶりです。

相変わらず更新がスローペースになってしまっています。

こんかいは、私が所属している写真サークルの皆様と一緒に、福島県の裏磐梯へ沼と紅葉を求めて

旅行した時の写真を掲載いたします。



最近、美術館や、写真展へ行ったり、Twitterで色々な方の写真を拝見させて頂いたりと

刺激されています。

街中のポスターの写真を見てみたりと。

ひとつだけ学んだことは、白飛びにビビらないこと。


それだけです(笑)

もう、自分の写真が面白くなくて面白くなくて。

写真をやっている人なら誰もが悩むことなのかと。

「誰でも撮れる」

ってやつですね。

特に、風景など静止している被写体です。

悩ましいですね。



さて、そんなネガティブはおいておいて、早速写真をペタペタ。

新宿駅に11人が集合し、車三台で出発!

福島、遠いですね。(笑)

ゴールドラインという元有料道路を走り、見どころポイントを一つ一つ潰していきました。

【幻の滝】



そこから、銅沼とかいて「あかぬま」と読む沼を目指します。

裏磐梯スキー場から徒歩40分ほどに位置し、非常に急登でした。



いい感じに、夕日が色をつくってくれます。

写真サークルの皆様。


日の光が気になったので、足を早めて進みます。

そこには、異彩な空間が広がり、音がなく、不思議な空間に心が落ち着きます。



あかぬま

と呼ばれるのに、本当にふさわしいぐらいあかいというか、10円玉の銅の色でした。

神秘的な場所で、一瞬にしてお気に入りになりました。

登山、というわけではありませんが、登山者はもっと素敵な景色を見ているんでしょうね。

本気で登山やっている人が、羨ましいです。

私は、命の危険を犯してまで行く勇気がないので、中級者向けの登山で精一杯です。

【火星への一歩】


魚眼レンズは、本当に面白いです。

ちなみに、カメラの設定はホワイトバランス等いじっていないので、ありのままの感じかと思います。

じーっと見ていると、10円玉に見えてきます(笑)

一行は、宿にチェックインします。

そのお宿には、まさかの猫がっ!

しかも、人馴れしていて可愛い!

お年寄りの猫です。



耳は、ケンカか何かで潰れてしまい、足は車に轢かれてびっこを引いています。

非常に可哀想ですが、それでもこの子は外の世界に出たいと。

やはり、猫は自由気ままに生きているのが、美しいです。

家猫は家猫で、可愛いですし、外猫は、外敵や危険がいっぱいあります。

ですが、そんな環境にさらされている猫の魅力というのは、絶対にあります。

決して、外猫が不幸だと、私は考えていません。

幸せな外猫だって、沢山います・・・・っと、また同じような話になるのでここまで(笑)



暗い場所だったので、カメラ設定が間に合わず・・・。

ISOとシャッター速度を落としても、まだまだ暗かったです・・・。

構図的に、私個人的にすきなんですけどね。

でも、暗い・・・。粗い・・・。

奥にいらっしゃるのが、飼い主さんです。

宿のおじいちゃんおばあちゃんと、1時間以上、おこたでお菓子とお茶を頂きながら

裏磐梯の話やら、昔話やらを聞かせて頂きました。

これが、旅の醍醐味!

現地の方とのふれあいが、本当に楽しいです。(ただし、私からは絡んでいきません)

夜は、星を撮りに。



あえて、わざと星を流してみました。

結構、星撮影が初めての方などがいたので、星ってこんなに早く流れちゃうんだという声がちらほら。

そうなんですよねぇ。

でも、星って、三脚とシャッター速度をいじれるカメラなら誰でも撮れる簡単な写真なんですよね。(撮るだけなら)

私は、星景写真(星と背景を入れる写真のこと)は、あまり興味がなく

星座と天の川だけにしか興味がいまのところありません。

だから、満天すぎると、星座がわからないという(笑)

でも今回、天の川が撮れたので良かったです。

星って、本当に素敵です。

大好きです!

私がカメラを始めたきっかけも星を撮りたいから。でしたからね。



さて、また次回も福島裏磐梯、五色沼編です!


その次は、谷中猫ですかね?

でわ、また会える日まで(*´∀`*)ノシ
  1. | trackback:0
  2. | 本文:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。