いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

一生に一度は訪れたい【龍泉洞】IN岩手県 :: 2015/05/24(Sun)

お疲れ様です。

最近、仕事のほうが非常に忙しく、平日1~3時頃に帰ってきて、ベッドに倒れ込んでいる状態です。

言い訳になってしまいますが、なかなか更新が出来ずに申し訳ございません。

意外にも、久しぶりに会った友達などに

「ブログみてるよー」

なんて言ってもらえて、本当に嬉しい限りです。

仕方なくみてやるよ。とかでも良いので、日本にはこんな場所があって

こんな経験が出来るというのを、少しでも広め、誰か一人にでも、その場所を良いなぁーなんて思って頂けたら

本当に嬉しいです。

フェイスブックの方で、ぽろぽろ写真を掲載させて頂いてますが

猫写真に関して本気で挑んでいるのはTwitterの方です。

言葉を考えて、それを伝えたくて。

色々な方に、リツイートしていただいたり、言葉を頂いたり、感謝しております。

ご興味ある方は

@nekotabibito (猫旅) という名前でやらせて頂いておりますので、良かったらフォローして下さい。



さて、物語の冒頭から脱線してしまい、申し訳ございません。

線路を切り替えます。

その前に、もう一度脱線します。

今回の記事の最後に、私がいつも作っているスケジュール表のスクリーンショットを貼らせて頂きます。
その簡単なご説明も最後にちょろっと書かせて頂きます。

まず

Q,龍泉洞って?

A,岩手県に位置し、地図で言うと岩手県の結構右側にあります。
  
龍泉洞は、日本三大鍾乳洞に数えられ、国の天然記念物に指定されています。
その奥から湧き出る清水が数ヵ所にわたって深い地底湖を形成しており、中でも第3地底湖は水深 98m、第4地底湖   (未公開)は 12Omと日本-で、世界でも有数の透明度を誇っています。

※一部引用:龍泉洞HPより

そんな場所です。

一言で表すなら、すっごく深くて透明で綺麗ってことです。(笑)

アクセスとして、少々不便でもあります。

私は、盛岡駅から龍泉洞前まで行く高速バスに乗車しました。

やはり、相当な距離があり、乗車時間は2時間20分。

東京から京都まで行けちゃうんじゃない?と思って調べたら2時間18分で、惜しかったです(笑)

少しでも体力温存ということで、車内で寝ようかと思いましたが、走る場所も大自然の中で

思わずバスの中から色々と写真を撮りました(笑)

東北は、バス移動も油断ならないです。

下に、バスの窓ガラス越しに撮った写真を何枚か掲載させていただきます。

見る前に、ご了承頂きたいのは、走っているバスからなので、相当難しいです(´Д`;)

窓ガラス越しなので、本来ならもっとクリアな写真かと思います。

よし、これぐらいハードルを下げておけば安心です。(`・ω・´)



牛です!びっくりしました!

おそらくですが、日本短角種という牛でしょうか?
手間がかからず、成長が早い品種らしく、東北地方に多いみたいです。

昔は、鉄鉱山での作業や、太平洋からの塩の運搬に使われていたみたいです。
肉質は繊維が粗く、脂肪交雑も黒毛和種に劣るそうです。

一言で言えば、勝手に育ってくれるけど、そこまでいい肉じゃないよ。ってことですね。

すみません、仕事柄、こういうのに興味が行ってしまいます。

しかし、こういう生きている姿をみると、普段の生活で、ちゃんと「いただきます」を言わないと
って思いますね。



この、牧場独特の屋根でしょうか?

このような屋根が沢山ありました。

よく、映画とかのシーンで見たことありましたが、国内でも見れるのか・・・と。(笑)



流石に、この中で住んではいないと思いますが、倉庫程度には使用されているかと思います。(推測)
おばあちゃんが、家の横でなにか作業をしていたので。

そんな大自然な道のりは、本当に途中下車したくなるほど巨大な山に囲まれ、迫力がありました。





美しい緑と美味しそうな水。

都会とは全く違う世界。

まさに、私にとって非日常的な世界です。

さて、そんな山奥にある龍泉洞に到着しました。

受付で1000円払って中に入ります。

外の気温は20℃以上。そして、洞窟内は10℃~9℃ぐらいです。

チルド帯の温度ですね(笑)

長袖1枚で、ザックの中に羽織るものがあったのですが、着替える前にザックごとロッカーに・・・。

あ、ゴールデンウィークでしたが、ロッカールームはガラガラです!

皆さん、自家用車で来られる方が多いからだと思います。

そんな寒い中、長袖1枚という。。。

ほかの方は、厚着していました(´Д`;)

中は、冷蔵庫の中みたいな寒さで、真っ暗なところもあり、足元が怖いです。

そして、GWということで、ノロノロと進みながら入っていきます。

私の持ち時間は1時間30分。

盛岡行きの高速バスに乗らなければ、次の便は2時間半後という・・・。

不安を持ちながら、進みます。

真っ暗なので、フラッシュをたいて撮ったりもしました。

む、難しい!!!!の一言です。

ISOを12800とかにしても、うまく写らず、フラッシュをたくと肉眼と違う!

と、かなり試行錯誤していました。



もっと青くて、綺麗なのに!

伝えられない・・・(´;ω;`)

三脚があれば、問題なく撮影できるのですが、このGWの混雑具合のなかで、それは出来ません。

一応、三脚も携帯していたのですが・・・。

悔しいと思いながら、進んでいくと、ライトアップされている場所へ。

色が、色々と変わり、異空間を演出していました。







全員が、ここで足を止めてパシャリパシャリ。

道が、完全に塞がります・・・。(´Д`;)

中には、カメラ技術がないのか、フラッシュをたいて上手く撮れないと悩んでいた方も(笑)

これは、フラッシュたいたら、ライトアップの光よりも強くなって、ただの壁になるでしょ・・・。

とか思いつつも、そんなことより先に進みたいと思う一心ですが、この場で15分以上足止めされました。

これら上の写真も、三脚が使えれば綺麗に撮れたのに・・・(´;ω;`)という感じでした。



暗い写真続きで申し訳ありません。

異空間を演出するライトの鍾乳洞を進んでいきます。

本当に、トロトロと・・・。

普通時の散策に40分程度掛かると書かれていたので、若干気持ちが焦ります。



しかし、幻想的に綺麗には変わりありません。

次は、シーズンを外して、綺麗に撮るリベンジだ!と心の中で決心しつつ。

美しい空間と焦りを胸に進みます。

正直、次便のバスに乗っても、問題ないのですが、はやくホテルについて、のんびりして

翌日の田代島、網地島上陸のため体力を温存したい一心でした(笑)

普段は、ぐだぁーとぶらぶら旅することが多いのですが、今回ばかしは結構ハードスケジュールだったので

真剣です。。。

途中、展望台があるらしく、長蛇の列が。

しかし、ここで選択肢があります。

展望台へ行かず、先に進むとガラガラ。

長蛇の列は先が見えない階段を登っていくような場所。

悩みながら並びました。

!?

全然進まない(´Д`;)

すっごい不安になりながらも、たまーに列が動いて・・・

20~30分ぐらいでしょうか。

やっと、目的にの展望台。



遠くの方に、奇麗な青い池が!

しかし、残念なことに、私が装備していたのは超広角の魚眼レンズ。

レンズを交換すればいいものの、人の多さに遠慮してしまい、レンズ交換すら出来ませんでした。(´;ω;`)

意気地なしと思いつつ、いいんだ。未来のお嫁さんと一緒にまた来てやる!

なんて、思いながらその場を去りました(笑)



暗くてすみません。m( __ __ )m

展望台は、この深くて青い湧水の場所を、高い場所から覗けるってことでした。



何か、奥のほうがぼわぁーっと光っているのは、深い場所にライトがあって、それが綺麗に

そして、幻想的に見せてくれています。

中に入ってから1時間15分ほど。。。


※普段、無加工写真ばかりですが、これは加工しています。

やっと出口です。

長いトンネルから出ると、温度差に驚きます(°д°)

そして、足早にロッカーへ向かいつつ、気になった場所はしっかりと写真に収めていきます(笑)


龍泉洞まつりみたいなポスターが、結構駅とかにありまして、釣りまつりみたいでした。

釣竿から餌までレンタルができて、結構な人数が、美しい川に浮きを浮かばせていました。

近距離からも撮った写真もありますが、一番全体図がみやすと思い、この写真を掲載させております。

無事、タイムリミットもクリアし、再び盛岡駅に戻ります。

そこから、石巻駅まで移動し、石巻で1泊しました。

さて、次回からは、猫島へ上陸します!

あまり期待しないで下さい(笑)

無理矢理、龍泉洞の記事を1回に収めたので、相当長い記事になりましたが、最後に

スケジュール表の一部を。

スケジュール

小さくて、細かいところまではわかりづらいと思いますが、エクセルで作っています。

本当に簡単で、プリントスクリーン(SS:スクリーンショット)をとって、それを貼り付けて

トリミングしているだけです。

で、バスを1本乗り遅れたパターンも入れて、万全に準備をします。

バスの時刻表と、電車の時刻表を貼り付けています。

まぁ、それらのルートを考えたり、調べたりするのが大変なんですけどね(´Д`;)

行きたい場所をダァああっと箇条書きして、Googleマップで場所を調べます。

その行きたい場所の最寄駅を調べて、一覧にします。

あとは、効率よく、どういうルートが良いのか、調べながら整理していきます。

これが、旅の準備をするうえで、時間が掛かるけど、一番楽しい作業でもあります。

違うシートには、お店や、地図を貼ってあったり、ちょっとした情報を書き入れたりもしています。

全然、エクセルの機能を使っていませんが(笑)

いやぁ、今回は本当に長くなってすみません。

見てくださる方は、三日間ぐらいに分けてお読みください(笑)

それでは、また会える日まで(*´∀`*)ノシ
スポンサーサイト
  1. 岩手県
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。