いちごいちえ★まにまに





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【秋田県ひとり旅】~日本一の「田沢湖」&秘境の「乳頭温泉」を巡る~ :: 2015/05/06(Wed)

お疲れ様です。

さて、3泊4日の東北の旅を終えて、帰って来ました。

そして、速攻爆睡をして今に至るわけです。

全体のスケジュールですが

1回目:【秋田県】田沢湖、乳頭温泉
2回目:【岩手県】龍泉洞
3~4回目:【宮城県】田代島
5~6回目:【宮城県】網地島&晴耕雨読さんご紹介
7回目:【宮城県石巻】震災からのその後

を予定しております。

が、初回から写真の量が多いです(ーー;)

なるべく県ごとと日付ごとに分けたいので、若干の無理矢理さがあるかと思いますが
ご了承ください。m( __ __ )m

そして、失敗写真ばかりが多いです。
下手くそ!で結構ですが、見やすさ重視して適当に撮っているもの(記念撮影用)を掲載していますので、写真の上手い下手を見に来た方は、期待しないでくださいm( __ __ )m





さて、これでハードルを下げて気軽に始められます(笑)

まず、始発電車にゆられ、東京から東北新幹線【こまち】1号に乗車して田沢湖を目指します。

そして、初っ端からミスが・・・

この新幹線、【はやぶさ】と【こまち】が連結しており、途中、盛岡で別々な方向へ向かうため取り外されます。

まず、ここを知らなかったこと。

【こまち】が、田沢湖行きなのですが、私が乗っていたのは【はやぶさ】の連絡通路にいました。

盛岡について、一度ホームに降りました。

はやぶさ車両の調度真ん中あたりに乗っていて、右と左、どっち側が【こまち】車両なんだ!?

となって、小走りに左側へ・・・あれ?【はやぶさ】の端っこに到着。

つまり、右側が【こまち】の車両!

小走りに右へ向かうも、【こまち】が先行して出発してしまった・・・(´Д`;)

うおぉおー(´;ω;`)

出鼻をくじかれました。

しょっぱなからスケジュールが・・・!?

ため息混じりに、スケジュール表を確認すると、まさかの次便まで掲載していた!

そこまで計画していたのか!?(夜中3時まで作って、翌日仕事していたということで、記憶が曖昧)

と、自分で自分を褒めてあげたくなりました(笑)

1時間ぐらいって、思うかもしれませんが、バスの乗り継ぎ等があるため、かなりでかい時間ロスなのです。


無事、田沢湖駅に到着し、10分ほど待って乳頭温泉行きのバスに乗り込みます。

1時間ほど山道を行きます。

山の上には、桜がまだ咲いており、さらには雪が残っていました。

このバス、冬と春を同時に楽しませるとか凄いな・・・なんて感心しつつ、お目当ての「妙乃湯温泉」に到着。


休暇村バス停から歩きましたが、妙乃湯温泉前にもバス停がありました(笑)
でも、歩いて5分ぐらいの距離なので、歩いてみるのも良いかもしれません!
空気が美味しいです!




Q,では、乳頭温泉郷とは?

A,秋田県仙北市、十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉の総称、温泉郷である。
「鶴の湯温泉」から最奥の「黒湯温泉」の六軒の一軒宿、および「休暇村乳頭温泉郷」の計7つの宿で構成されている。

※Wikipediaより

中でも有名なのが「鶴の湯温泉」の混浴なのですが、距離がありまして、今回はあきらめて2番目ぐらいに人気な「妙乃湯温泉」へ 。

妙乃湯温泉は、近くに休暇村の温泉と、大釜温泉があります。

なので、3件はしごは、ちょろいものですが、私は妙乃湯温泉で満足しました(笑)
3件行ったら、のぼせる!って(´Д`;)



乳白色の温泉は、肌がすべすべになりそうでした♪


誰もいなかったので、スマホで撮りました。これは、内湯です。


1点、景色的には、人工的に鋪装?された滝だということ。

そこが、若干残念でしたが、景色が良いことには変わりありませんでした。

露店風呂から、奥の滝(人工的に舗装)を目の前にして浸かれます。
(写真はPLフィルター試し撮り)

また、乳頭温泉郷の日帰りは、夕方前には閉めてしまうところが多いので、時間をしっかり確認して行くようにしてください!


ほかほかの身体で、田沢湖行きのバスに乗車して田沢湖前で降ります。

大きなお土産屋さんと、遊覧船乗り場で降ります。

そこに、「秋田犬見学」と書かれた看板があったので看板につられ・・・。



可愛い!
やっぱり、動物って、瞳が良い!

犬も大好きです(*´∀`*)

田沢湖です。

魚眼レンズの力を借りて、超広角で撮りました。

基本、私は50~135mmとこの魚眼レンズのコンビで歩いています。

他の荷物は、ロッカーにしまい、移動が楽になるようにしています。

写真、めちゃくちゃ白飛びしていますが(^_^;)だから、ハードル下げています(笑)

Q,さて、田沢湖とは?

A,淡水湖。日本で最も深い湖であり、国内で19番目に広い湖沼である。その全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、日本百景にも選ばれている景勝地である。

直径は約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第1位!
深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのためか日本のバイカル湖と呼ばれている。


※Wikipediaより



田沢湖の水質は、以前、ミネラルの高い水質と流入河川の少なさから、透明度が高く水産生物も豊富だったそうです。

しかし、発電所の建設や玉川河水統制計画から玉川温泉からpH1.1の強酸性水(玉川毒水などと呼ばれていた)を1940年に導入し、7年後にはpH5.0~5.5 8年後にはpH4.3~5.3と酸性化が進行してしまいました。

1972年から石灰石をしようして中和対策が始まりましたが、深いところでは、水質回復していないそうです。

そのため、以前は、イワナやウナギもいましたが、酸性につよいウグイやコイ、ギンブナになってしまったそうです。

しかし、湖のすぐ近くでイワナの塩焼きを売っているお店が・・・(´Д`;)


↑パラソル後ろのアヒルに気が付きませんでした(;_;)あと、構図的に無駄に空を入れすぎている。反省です。

田沢湖といえば、たつこ像が有名なので、なんとか、たつこ像へ・・・

しかし、現在地から真逆に位置します・・・。

そこで、調度最終便の田沢湖を一周する遊覧船が。

乗り込みます。



た、田沢湖、めっちゃ青いです!



この青さは凄い綺麗!



思いつきの遊覧船でしたが、大満足です!



風がきもちいです。(乗船客)

そして、たつこ像前で下船。私だけです。

それはそうですよ。だって、最終便ですからね(^_^;)

バス、あるでしょ!っていう軽い考えで下船しました(笑)


(舟上から)


フェリーたざわ!さようなら!
後輩の名前が田澤だったので、すっごい違和感が(笑)

そして、田沢湖といったら、彼女でしょう!






A,たつこ像のたつこって?

Q,田沢湖のほとり神成村に辰子という名の娘が暮らしていた。
辰子は美しい娘であり、若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。
辰子はその願いを胸に、百夜の願掛けをした。観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。
そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え
しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。

辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。
自分の身に起こった報いを悟った辰子は、田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。

辰子の母は、山に入ったまま帰らない辰子の身を案じ、やがて湖の畔で辰子と対面を果たした。
辰子は変わらぬ姿で母を迎えたが、その実体は既に人ではなかった。
悲しむ母が、別れを告げる辰子を想って投げた松明が、水に入ると魚の姿をとった。
これが田沢湖のクニマスの始まりという。

なお、湖の北岸にある御座石神社には、辰子が竜になるきっかけとなった水を飲んだと言われる泉がある。

※Wikipediaより

長くてすみません。




たつこ像を満喫して、たつこ像の近くから出ている【田沢湖一周線】(本数少ないです)に乗車して田沢湖へ戻ります。



そして、たつこが飲んだ水があると言われる御座石神社に、なんと5分程度止まってくれます。

たつこ像前でも、しばらく止まってくれる親切なバスです。

ダッシュで、参拝し、御朱印も頂きました。



立ち寄れると思っていなかったので、幸運でした(*´∀`*)

田沢湖駅から、本日の宿がある盛岡まで移動します。



新幹線から、夕焼けが見られました。

盛岡駅の東横インにチェックインして、駅前にある有名なわんこそば屋さん

「東屋」さんへ。

↓食べログ↓
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000021/

閉店1時間前に行ったため、思っていたよりも混んでいませんでした。

はじめてのわんこそば!

100杯以上食べれば、木の札が頂けるということで、目安程度に・・・と思っていました。


薬味付きのにしましたが、結論、そんなに薬味をつけて食べる余裕がない(笑)

三人または四人ひと組になるようで、夫婦と私の三人でご一緒させて頂きました。

奥様が先にダウンし、旦那様と私で食べ続ける・・・。

15杯で、ざるそば1人前だそうです。

椀に「じゃんじゃん!」「まだまだ!」「がんばれ」というリズミカルな掛け声を頂きながら
ガツガツ投入されます(笑)

60杯までは、余裕でしたが、そのあとに飽きが・・・

そばの味に飽きて、身体が受け付けなくなってきます。(^_^;)

もう限界・・・

「今、何杯ですか?」
「90杯ですね」(お姉さん)

あと10杯で100杯!死ぬ気で頑張るしか・・・。

ちなみに、旦那さんはこのときに100杯達成し、ご夫婦そろって私の応援をしてくださいました。

お腹一杯なのもそうだけど、味が・・・もう・・・

残り10杯を10分ほど掛けてなんとか100杯・・・

旦那さんと私で、無言の達成感と、やらなきゃよかったという後悔(笑)

そして、一緒に3人で記念撮影して頂きました(*´∀`*)

素敵な出会いで、ご夫婦は翌日仙台に行かれるそうで、私は猫島行ってくるんですよーといったら
テレビでみたことがあるとのこと。

「船おりたら沢山猫が、わぁーーーっているところでしょ?」
「いや、多分それは愛媛県の青島だと思います(笑)」

みたいなやり取りをして、お互いに良い旅をおやすみなさいと言って、店から去っていきました。




(携帯写真)

こうして、初日の秋田、そして岩手県盛岡での夜は更けていきました。



はい!

長々申し訳ありません!

でも、今回は1時間半ぐらいで写真選定から書き上げまで終わりました(笑)

もっと掛かると思っていました(ーー;)

さて、次回は岩手県龍泉洞をご紹介出来ればと思います!

次回は、短めになると思います!

でわ、また会える日まで(*´∀`*)ノシ

スポンサーサイト
  1. 秋田
  2. | trackback:0
  3. | 本文:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。